リフォーム最新情報



タッチキー式電子錠

電子錠は電池を使って施解錠を行うことができる鍵です。最近では玄関ドアに電子錠を導入される方が増えています。
今回は、電子錠の中でもスムーズな開閉が行うことのできるタッチキーのメリット・デメリットや各社から出ている商品をご紹介いたします。


タッチキー式電子錠のメリット
・ドアの開閉がスムーズに
リモコンキーをバッグやポケットに入れておけば、ボタンを押してワンタッチで施解錠ができます。買い物帰りで多くの荷物を抱えている場合やお子さんを抱えている場合に大変便利です。

・防犯性、セキュリティ性が高い
万が一リモコンキーを落としてしまっても、無効化できる機能も備わっているため、防犯性に優れています。鍵のかけ忘れが多い方には、オートロック機能もあります。
鍵穴がみえない構造になっている場合には、ピッキングの被害への不安も軽減されます。


タッチキー式電子錠のデメリット
・閉め出される可能性がある
オートロック機能を有効にしている場合、リモコンキーを置いたまま外出してしまうと中に入れなくなってしまう可能性があります。


各社から出ている商品
◆YKK スマートコントロールキー
・リモコンでも、カードでも、シールでも、自由に選べる便利なカギ
・電池切れをハンドルが光と音でお知らせ
・置き忘れによる不正解錠を防止




◆LIXIL タッチキー
・リモコンキーをバッグやポケットに入れておけば、ドアのボタンを押すだけで解錠するワンタッチスタイル。
・スイッチ一つで簡単に「オートロックモード」に設定可能。




◆三協アルミ e・エントリー
・防犯性に配慮したリロック機能。
・お好みのハンドルタイプやカラーを自由に選べます。





戻る